a wood apartment

ogowood.exblog.jp

<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

名栗(ナグリ)加工

今日は、いつもお世話になっております、橘商店さんによる、ナグリ(名栗)加工をご紹介させていただきます。
ナグリ(名栗)加工とは、ツキノミ(ちょうな)と言う道具を使い、縄文・弥生式時代から始まる木工技術です。
材料は本来は栗、松、赤杉、桐などに化粧を施す木工技術で、床柱・床框・落掛・腰板・手摺・面格子・門柱・門扉・濡縁にみられます。
先日、お願いしてウォールナットとバターナットに名栗加工をしていただきました。
加工していただいた板がコチラ↓
e0115686_17492354.jpg

左 バターナット 右 ウォールナット
表面に施された、凹凸に光の陰影がなんとも美しい。
栗の六角名栗↓
e0115686_1911325.jpg

今日では店舗内装などにも用いられてます。

日本古来の加工技術を現代にも伝承されています。文化を大事にしていき後世に伝承しておられます。

サイズや加工のできる木材など様々な制限がありますが、お問合せ下さいませ。
[PR]
by ogo-wood | 2008-07-17 19:18 | 近況

マウスパッド

お客様の作品のお写真頂きましたので、ご紹介させていただきます。


製作:工房 とも 様

e0115686_1558413.jpg


e0115686_15582493.jpg



    材料:クス杢部・パープルハート杢部
    仕上:チークオイル研ぎ

PCで疲れた目で、ふとマウスパッドを見ると木の温もりで癒される。
そんなイメージがわいてきます。

当社の木が製作者様方の手によって、愛情のこもった素敵な作品へと生まれ変わり、
そして、その作品がたくさんの方の癒しになる。
関われる事に有りがたく思います。

素敵な作品のお写真有難うございました。



[PR]
by ogo-wood | 2008-07-17 16:21 | お客様作品

内覧会

先日、マンション・リノベーションの内覧会に行って来ました。
大阪市都島区の築20年のマンションで
TV台や下駄箱の天板に使用する“ホワイトアッシュ”の横ハギ材を納めさせていただきました。
壁が漆喰、床はバーチ材、備え付け家具の扉はシナ合板。
白系でまとめられた空間にホワイトアッシュの天板たちがうまくハマッテいました。
木目がハッキリしないバーチやシナに同じ白系でも木目のハッキリしたホワイトアッシュを持ってくるとアクセントになってより表情豊かな空間になるんだなと思いました。

e0115686_11403180.jpg
AVボード


e0115686_11404887.jpg
玄関収納


e0115686_114118.jpg
トイレ収納

















納入後の姿を見ることが出来てよても嬉しい一日でした。
内覧会を開いていただいた施主様に感謝します。
[PR]
by ogo-wood | 2008-07-14 11:46 | 近況

納品しました。 リビングテーブル

チーク センターテーブル 納品させていただきました。
サイズ W1200xD1200xH380
天板の厚みを45mmある製作させていただきました、これまで製作させていただいたリビングテーブルの最大級の大きさです。
チークは納品時より、経年変化でなんとも言えない深い色に変化します。
木の香りもチーク特有の香りがなんともいえません。

e0115686_16373152.jpg
お客様ご自宅にて
ソファは対面でセンター設置させていただきました。



















有難うございました。 byりあるうっど
にほんブログ村 インテリアブログへ
[PR]
by ogo-wood | 2008-07-07 16:44 | 納品(家具)